AED

今日会社でAED(自動体外式除細動器)の講習があり、
機器の使用方法と救命時の手順なんかを教わった。

マネキン相手に人工呼吸や心臓マッサージ
(現在は胸骨圧迫というらしい)の訓練もやったり。

一通りの説明を受けた後何人かがピックアップされて
実演をしたんだけど、めでたく俺も選ばれて
実際にやることができた。

言い方は不謹慎だがかなり楽しかった。
必要な知識を正しく習得するのは楽しい。

驚いたのは、AEDがスゴくカンタンに使えること。
全く知らない状態ではキビシイかもしれないけど、
一回説明を聞けば、ほとんどの人が使いこなせると思う。
モノ自体に使用法の図が書かれていたり
心電図をとってくれてAEDの使用が適切がを判断してくれたり
音声ガイドが流れたりと、まさにいたれりつくせり。
俺が言うのもなんだがとってもよくできている。

ただし、実際に倒れた人を発見した時の対処、
意識・呼吸の確認や心肺蘇生を行う流れなんかは、
説明を聞くだけでなく実際に動いて訓練しないと
瞬時に的確な対応をするのは難しいと思う。

運良くこういう体験ができたので、万が一
そんな状況に出くわしたら冷静に対処したいもんです。

こういうのって学校とかで小さい頃から訓練しないとだよなぁと
思いつつも、俺が中学生の時だったらまじめにやらないだろうし
なかなか知識を普及させるのってタイヘンよね。
いや世の中俺みたいな小僧がたくさんいるせいか。。

とりあえず、一歩大人になった気がした邦彦くんであった。。

0コメント

  • 1000 / 1000