読書の秋継続中

神々の山嶺(集英社文庫:夢枕 獏 著)、上下巻読破〜

なんともストイックなエベレスト登攀のお話。

基本的にはフィクションなんだけど、
主人公は実在した登山家 森田 勝をモデルにしているんだそうな。

「なぜ山に登るのか?」
「そこに山があるからさ」
の言葉で有名なジョージ・マロリーという登山家も
この物語の中に登場するんだけど、
その言葉に対し主人公は
「そこに山があるからじゃない、おれがここにいるからだ」
と答える。

ぬおーアツい!!
てかアツクルシイ!!笑

とにかく文章が力ある描写で、圧倒される。

良い本だと思うけど、そーとー濃い&ストイックなので
体力ある時に読むことをオススメします。

さ、そんな濃い本を読みつつ
今週土曜は国立にてcoeterno(コエテルノ)のライブだ〜
今までカバー中心のバンドだったけど
ついに!オリジナル曲を披露〜
中にはわたくしめが書いた曲も!!
お時間ある方はぜひに!!
詳細はコチラ

なぜドラムを叩くのか?
そこにオマエがいるからさ
いやーアツい!!!!!!笑

0コメント

  • 1000 / 1000