グーニーズ

DVDで映画 グーニーズ 観た。
制作年見たら'85年なのね。俺5歳。

たぶん小学生の頃以来観てなかったので、
観てて楽しかったなぁという記憶はありつつも
今観たら意外とショボいと感じるかもなぁなんて思いつつ、
だったけど、いやはや感動しました。

リチャード・ドナー監督もそうだけど
やはりスティーブン・スピルバーグ恐るべし。

今だったらCGとかでやっちゃうんだろうなぁというところが
手仕事だったりいろんな工夫だったりで、
今観ても十分楽しめるし、
何より登場するキャラクターが全員魅力的。

もちろん個人的好みの違いもあるけど、
つくられてから20年以上経ってもなお魅力を感じられる作品て
映画に限らず音楽や美術作品なんかでも、
「今」つくられているモノの中で
どれだけあるんだろう。

昔夢中になったり楽しんでたりしたものを
もう一回見直してみるってのも
忘れちゃったなにかを思い起こせる気がしてよいもんですなぁ

0コメント

  • 1000 / 1000