スティーヴ・ライヒ

コンポージアム2008 スティーヴ・ライヒを迎えて
@オペラシティコンサートホール
を観てきた。

一定のフレーズを次々ループさせて音楽を構築していく、
いわゆる「ミニマルミュージック」の巨匠ですな。

全4日間のうち初日の「スティーヴ・ライヒの音楽 1」
というやつに行ったんだけど、圧巻、の一言。

無機的なようで有機的、
機械的で冷たいようでなんでかあったかい。
声が楽器のような、楽器が声のような、
とにかくトータルでクオリティの高い音楽。

いろんなイメージが湧く。
虫の音、宇宙、雨、風、流星群、楽器、
で、人間。

コトバにするとなんとも陳腐だけども
すごくたくさんのイメージをもらった気がする。

ここんとこ聴く音楽に偏りがあったので、よかったわぁ

0コメント

  • 1000 / 1000