ニューシネマフェスティバル

先日、ニューシネマワークショップ主催の
Moves-High 8 ニューシネマフェスティバル
というやつを観てきた。

2日間で40本近くの短編作品を上映するイベントで、
そのうちの1つ、「生活」(武子直樹監督)という作品にて
友人のアーティスト 宮内康乃が音楽を担当していて、
そんな絡みもあり観に行ってまいりました。

しょーーじき、あまり期待してなかったんだけど
(関係者のみなさまごめんちゃい)、
良い意味で期待を裏切られ、おおいに楽しませていただきました。

というのも、俺今まで観てきた短編映画で、
良い!と思えるものがほとんどなかったのね。。
まぁ自分の観てきた幅が狭かったせいですわな。
もちろん長ければいいというもんではないけど
イマイチ内容が薄かったり自己満足的なモノだったり、、
という作品ばかり観てきてしまっていて
ミョーな偏見があったイケナイ俺。

今回は、時間の関係上たくさんは観られなかったんだけど、
どれもすんなりカラダに入ってくるような、
過剰な演出のない、シンプルで心地良い感じ。
なにより役者さんが良い。
ということはそれも含めて監督さんの力なんだろう。

「生活」も良かったっす。
パンフレットで事前にストーリーを読んで、
出演者的にはむずかしー設定のように感じたんだけど
女優さんの演技が秀逸。自然。
映像の色もキレイ。これポイント。
音楽もよい。康乃ワールド。

今回のイベントは8回目だそうで、
第9回もぜひとも行きたいもんだー

0コメント

  • 1000 / 1000