マドモアゼル・シネマ

マドモアゼル・シネマ&つむぎねのダンス&音楽コラボレーションに
パーカッションとしてゲスト参加した公演
「"私"の音と、"わたし"の風景」が無事終了しました。

「神楽坂まち飛びフェスタ」という、街の文化祭期間で、
街頭パフォーマンスにも参加しなんとも貴重な体験!!

さてセッションハウスでの本番の方ですが
日々のリハーサルも限られた時間の中で、
どこまで融合できるか?というのが課題かなぁと
個人的には思っていたんだけど、
ダンサーのみなさま、本番でブッ飛び過ぎ(笑)
細かいこと全て抜きにできるくらい圧倒的な「キレ」、
そして全身をつかって表現をする人間の「熱」の中で
演奏できたことは、それはもう楽しいに決まってますわね。

そういえば演奏中に鳥肌がたったのは久しぶりだったかなぁ。

たたく、踊る、弾く、舞う、
もっともっと、ひろげていきたいっす。

0コメント

  • 1000 / 1000